So-net無料ブログ作成
検索選択

【ひたすら、読書】食に関する本、2冊 [book]

 いわゆる食関連本を2冊、ななめ読みしてみました。

左はレストランのコンサルタントである、サカキシンイチロウさんの「おいしい店とのつきあい方」。サービスを今一度見つめなおすという観点からみると、とても面白い本。サービスは単に受動的に受けるのではなく、こちらも相手の立場を思いやりながらのやり取りを楽しむべき、という主張は頷けます。

もう一冊は小山薫堂さんの「随筆 一食入魂」。ご存知danchu誌での連載が、単行本化された本。随筆というよりは「日記 一食入魂」だろ!と思わず突っ込みを入れたくなりますが、4年間に渡って食べ続けた彼の食の軌跡・こだわりの追体験は読んでいて、正直呆れます。「ここまで食うか!」と(笑)。あと、紹介されている店は既に何店か閉店されてあったりと、外食業界のスピード感を感じ取ることのできる一冊でもありました。

この手の本を読むと、いろんなお店に、行きたくなりますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ひたすら、読書】「くちぶえカタログ」(松浦弥太郎) [book]

中目黒と青山にある「COWBOOKS(カウブックス)」という本屋さんをご存知ですか?

スタッフ自身が良いと思った本を、一つ一つ丁寧に置いている、居心地のよい、とても大好きな本屋さんです。仕事が早く終わったときなど、ときどき立ち寄ったりしています。

これは、そのカウブックスのオーナーである、松浦弥太郎さんの随筆集です。彼のまっすぐで誠実な人となりがにじみ出ている本でした。

この本の中で、カウブックスの精神について触れている一節があります。例えば店内の清掃ひとつにおいても、隠れていて見えないところ、きれいなところをもっときれいにする心の持ちようや、心を込める姿勢の大切さについて…。カウブックスに行くと、この本で書かれていることに何一つとして嘘がないなあと感じ入る次第です。(余談なのですけど、村松友覗氏が書いた「俵屋の不思議」で指摘していたことと、共通点が多いなあと感じました)。

そのほかにも衣食に関することや、旅に関することなど、ゆったりとした空気を醸し出す写真と一緒に、味のある随筆がしたためられています。

いい本です。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

みうらじゅんと100%ORANGEのコラボ? [book]

みうらじゅんが大好きです。

理論社という子ども&青年向けの出版社から、こんな本が出てました…。で、買いました。(いちおう中学生以上向けだそうです)。

青年期に誰もが抱える悩みの数々。若者に伝えるべき本当の「セックス」とは何か? 性教育の旗手みうらじゅんが放つ、童貞時代を生き抜くスタンダードがついに完成!

という本です、はい…。

しか~し、この装丁、100%ORANGEじゃないの?ヨゴレ(笑)の100%ORANGE、はじめてみました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。