So-net無料ブログ作成

【贅沢…】矢野顕子と忌野清志郎とのデュエット「ひとつだけ」 [music]

かれこれ20数年ですか…じつは、アッコちゃん(矢野顕子)大好きです。

その中でも、初期のアルバム「ごはんができたよ」の中に収録されている曲「ひとつだけ」は、シンプルでとても美しい歌詞が印象的な、今聴いても色あせない名曲中の名曲。教科書に載せてもいいくらい。

で、その「ひとつだけ」なのですが、Apple銀座ストアでのミニコンサートで、かの清志郎とデュエット(コラボ?)してたんですよ。ここ最近聞いた中で、最高の出来。久々に心に沁みました。

清志郎はあくまでも清志郎らしく(ビミョ~に歌詞も変えていたりして(笑))。そしてアッコちゃんはアッコちゃんらしく。意外だけれども、これが本当に、イイ!いい感じで年輪を重ねているのが、ひしひしと伝わってきます。

 アルバム名:「はじめてのやのあきこ

このミニアルバム、清志郎だけでなく、小田和正(「中央線(懐かしすぎ!)」)やマッキー(「自転車でおいで」ですよ)、陽水(これは新曲)とのデュエットが収録されてます。

なんか、ベテランの方々、ますますいい感じになってきてますよね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。