So-net無料ブログ作成
検索選択

【雪深き秘湯…】蔦温泉 [旅行]

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

ブログの更新が滞っておりました。本日まで、北は東北帰省しておりました(ウチの奥さんの実家です)。九州人の僕としては、毎回カルチャーショックを覚えるのですが、冬の東北は特にそうなんです、よ。

それはさて置いて、と…。帰京する前日に、十和田湖付近にある、蔦(つた)温泉というところに遊びに行ってきました。

十和田市より奥入瀬川沿いにずんずんと登った、雪深いところにある、とても風情のある温泉地です。

 

 一面、雪だらけ。気温は零下5度でした。サムイ…

よくもまあ、こんなところにもクルマが入れるようになったなあと思います。思った以上に、除雪がなされているんですよね。余談ですが、聞くところによると、1県あたりで400億~500億もの税金が投入されているとのこと…。

これは一軒宿の蔦温泉旅館の入り口。中は外と変わらないほど、寒い(笑)。

 

 

下の写真は、蔦温泉の由来となっている蔦が絡まっているもの。どれが蔦だか、よく分かりませんね。ありえないほど太いのが特徴的です。

なんとな~く、垂れ下がっているのが蔦なのです。分かります?

まだ1月ですので少しだけですが、お約束のつららも可愛く育っていました。

お風呂自体は、是非リンク先を覗いて見ていただきたいのですが、とにかく熱い(笑)。源泉の上に湯船を作ったようで、下から熱い湯が湧き出てくるのが特徴的です。しかし慣れると、キモチイイ。九州の温泉とはまた違った味わいで、大好きです、東北の温泉。

冬の東北、個人的にはとっても気に入ってます。ビバ温泉!

ではまた!


【久々の帰省】亀の井別荘にて3 [旅行]

続きます、スミマセン(笑)

敷地内を散歩していると、所々に象の彫り物・置物が置かれていることに気がつきました。

どこからやって来たのでしょうか…


【久々の帰省】亀の井別荘にて2 [旅行]

続きです。

部屋にはなんと、露天風呂が…。しかもかけ流しという贅沢。恐るべし。

庭も手入れが行き届いていて、とても気持ちが良かったです。


【久々の帰省】亀の井別荘にて1 [旅行]

九州の実家に帰ってました。父親の喜寿の祝いに、久しぶりに両親・兄弟揃って由布院に行ってきました。

宿泊したところは、かの「亀の井別荘」…。こんなことでもないと、思い切って行けないのですが、素晴らしい旅館でした。敷地内に入ると、周囲の喧騒が嘘のよう…。静謐な空間が出迎えてくれます。

 

 これは入り口付近。大きな壷がお出迎え。

 

とにかく庭が素晴らしい。場所を変えると、それぞれ異なった風情を体感できます。

続きはまた次回。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。